膀胱炎治す 自力

膀胱炎を病院へ行くことなく自力で治しました。

血尿、頻尿、排尿後にくる痛み、残尿感、これらの症状が出た場合、膀胱炎の可能性があります。

 

この膀胱炎の症状を放っておくと、より頻尿がひどくなったり、下腹部に激痛を感じるようになることもあります。

 

この膀胱炎、病院へいかなくても自力で治すことができるのです。

 

まず前提として大切なことは、我慢せずにトイレへ行くということです。

 

しっかりと水分摂取をして、排尿しましょう。

 

膀胱炎になったときには排尿時の辛い痛みを避けるために排尿を避けがちになってしまいますが、それは逆効果です。

 

なぜ水分補給と排尿の組み合わせが効果的かというと、膀胱炎になったことにより、膀胱内にたまってしまった細菌を洗い流してくれるからです。

 

しかし、水分摂取をあまりにも過剰にしてしまうと、他の症状を引き起こす恐れがあります。

 

むくみや脳内出血です。

 

むくみは命の危険性はありませんが、脳内出血は危険な病です。

 

むくみは水分摂取のし過ぎでなることはわりとポピュラーです。

 

原因は血液中にたくさん水分が吸収され、余った状態になり、血管から水分が外に出ていきやすくなるからです。

 

脳内出血は水分の過剰な摂取により血液中の水分の量が多くなり、その結果として増えた血液を送りだそうとして心臓の動きが活発になり、血圧が高くなってしまい、それが原因で引きおこされます。

 

このように水分の「過剰」な摂取は危険です。

 

個人差はありますが、水分の摂取量は1日2リットル前後がベストです。

 

とにかく水分摂取をして排尿をすること、それが膀胱炎を治す上での大前提なのです。

 

そして次に、

 

膀胱炎に良いとされる漢方薬(腎仙散)や、市販薬の利用です。

 

腎仙散

 

市販薬(腎仙散)は膀胱炎の辛い症状、排尿時の痛みや頻尿などをおさえてくれます。

 

注意したいのは、頻尿もおさえてしまいますので、定期的に自分の意思で排尿をするように心がける必要性があります。

 

漢方薬は腎臓に効果があります。

 

膀胱炎の症状の原因の一つである腎臓の老廃物を排尿時に流すように促す効果があります。

 

また、膀胱炎の炎症を和らげる効果もあります。

 

その2つの方法で、膀胱炎を病院へ行かずに簡単に治すことができます。

 

それでも治らない場合、もう一つの方法があります。

 

それは、抗生物質を海外から個人で輸入することです。

 

膀胱炎の原因は「菌」です。

 

大概は大腸菌ですが、その大腸菌に対して強力な効果があるのが抗生物質です。

 

ニューキロノン系と呼ばれる種類の抗生物質が一番効果的です。

 

有名なものだとクラビットが挙げられます。

 

その他にもバクシダール、シプロキサンなどがあります。

 

例えばクラビットを挙げるのであれば、日本では市販されていません。

 

病院で処方されるものなのです。

 

しかし、通販(個人輸入代行サイト)を利用して海外から輸入することができるのです。

 

クラビットジェネリック

 

香港やタイなどから取り寄せるのが一般的です。

 

少々高額ですが、一番効果的なものではあります。

 

私はオオサカ堂という個人輸入代行サイトで、購入して、常備しています。

 

クラビットジェネリック

 

このように、水分摂取と排尿、市販薬、漢方、抗生物質の輸入などの方法で、病院へ行かずとも、自分の力で膀胱炎を治すことができるのです。

 

まずは水分摂取と排尿、それでもだめなら市販薬や漢方、それでもだめなら抗生物質というふうに、一気にすべてやるのではなく、徐々に体と相談をしながら少しずつ試していきましょう。

 

>>膀胱炎に効く抗生物質をこちらから購入しました。