残尿感

残尿感がひどい時は水分を補給しています。

私は、トイレとトイレの感覚が人より長いので、軽い残尿感はしょっちゅうです。

 

ただ、夏になると時々ひどい残尿感に悩まされます。

 

一番ひどかったのは、真夏に外の仕事を一日中して、とった水分は、昼食中のコップいっぱいのお茶のみだったときです。

 

残尿感というより、膀胱炎に近かったきがします。

 

その経験から、残尿感は、体の水分が関係してるのだと確信して、水分を意識するようになりました。

 

夏なんかは、汗などで水分が体から抜けるので、なりやすくなるのかな?と思い、普段より余分に水分をとるようにしました。

 

まぁ、もともと水分をとらないほうなんで、人並みにとるくらいな感じなんですが…。

 

熱中症対策に似ているかもしれません。

 

そして、意識して水分をとると残尿感のあるうちは、尿漏れが気になるので、整理用ナプキンをあています。

 

三日もすると、ひどい残尿感はなくなります。

 

あと、よく残尿感があるのは、冬の乾燥した部屋で鼻づまりの時によくなります。

 

なので、冬でも水分を意識してとっているときもありました。

 

とくに、鼻水を止める薬を飲んでいるとだめでした。

 

残尿感がひどいときは、薬を飲むのをやめて水分をとって、鼻水をたらしてました。

 

もちろんマスクでかくしてましたが(笑)

 

5歳になる娘も、おしっこがまだ出るといって、なかなかトイレから出てこないときがあります。

 

なので、娘にもいつもより多めの水分をとらせて対処しています。

 

きっと、体質なんだと思います。

 

ただ、娘のは、私とちょっと違ってトイレ間隔がめちゃくちゃ近いので、とっても不思議です。

 

私としては、トイレ間隔のあいてる人になりやすいのだと勝手に思い込んでいたので…。

 

でも、トイレ間隔が長い人でも、短い人でも、多めの水分確保は、残尿感に効くと思います。

 

ぜひ、お試しあれ♪