膀胱炎治す漢方腎仙散

つらい膀胱炎を漢方腎仙散(じんせんさん)で治しました。

以前立ち仕事をしていた時、なかなか思うようにお手洗いに行くことができず、膀胱炎になったことがあります。

 

頻尿・排尿痛が続いて辛かったので、膀胱炎に効果がある市販薬を買いにドラッグストアに行くと、漢方薬を紹介されました。

 

その漢方薬は「腎仙散(じんせんさん)」

 

私が買ったのはとりあえず4日分で、1500円くらいだったと思います。

 

 

腎仙散は顆粒だったし、漢方薬は飲みにくいのであまり乗り気で買ったわけではなかったのです。

 

が、他の膀胱炎の薬よりも安価だったため腎仙散を購入しました。

 

腎仙散を購入する際は、お店の方に

 

「腎仙散は食前または食間の空腹時に飲むこと」と

 

「水もいつもより多めに飲むこと」という説明を受けました。

 

また

 

「腎仙散がなくなる前に膀胱炎の症状が軽くなっても、買った分は全部飲んでくださいね。」と言われました。

 

早速、その日から腎仙散を飲んでみました。

 

腎仙散はやっぱり漢方薬、飲みやすくはなかったです。

 

1回飲んだあと、膀胱炎の症状は特に軽くなりませんでした。

 

お店の方のお話の通り、意識的に飲み物を多く取るようにすることも忘れないようにしながら、腎仙散(じんせんさん)を飲み続けました。

 

次の日あたりから、お手洗いに行く回数は変わりませんでしたが、段々と排尿痛がなくなってくるようになり、膀胱炎の症状が軽くなっているのを感じました。

 

さらに、腎仙散を飲み始めて3日目には、お手洗いに行く回数も普段と同じようになり、排尿痛は全くなくなりました。

 

全快したかなとも思ったのですが、まだ購入した分の薬が残っていたので、全て飲むようにしました。

 

その後は、膀胱炎の症状がぶり返すこともなく、購入した4日分の腎仙散で全快しました。

 

今では膀胱炎にまたなりたくないので、普段から尿意を我慢しないようにしています。

 

ただ、ネットで調べたら、病院に行って、抗生物質を処方してもらい、抗生物質服用した方が早く治るようです。

 

私は病院に行く時間がないのですが、更に調べると、抗生物質は海外からの個人輸入で購入できるようです。

 

値段も100錠で3126円で購入できます。

 

腎仙散2回分の値段で、十分な量の抗生物質が購入できるようです。

 

そこで、常備薬として購入して、万が一の膀胱炎のために、保管しています。

 

(広島県 nasukoさん)

 

>>こちらのサイトから抗生物質を購入しました。